パラグアイ遠征に臨む森保ジャパンを発表…HSVの伊藤達哉が初招集、FC東京の久保建英は見送り

日本サッカー協会(JFA)は13日、U-21日本代表のメンバー23名を発表した。森保一監督率いる東京五輪世代は、パラグアイで開催されるスポーツ・フォー・トゥモロー(SFT)プログラム南米・日本U-21サッカー交流に臨む。

今回の代表では、ハンブルガーSVに所属する伊藤達哉が初招集された一方で、FC東京MF久保建英の招集は見送りとなった。

SFTプログラム南米・日本U-21サッカー交流は、4チーム総当たりのリーグ戦となるが、U-21日本代表は21日にU-21チリ代表、23日にU-21ベネズエラ代表、25日にU-21パラグアイ代表と対戦する。

招集されたメンバーは以下の通り。

■GK
小島亨介(早稲田大学)
波多野豪(FC東京)
山口瑠伊(エストレマドゥーラ/スペイン)

■DF
中山雄太(柏レイソル)
板倉滉(ベガルタ仙台)
杉岡大暉(湘南ベルマーレ)
アピアタウィア久(流通経済大学)
椎橋慧也(ベガルタ仙台)
立田悠悟(清水エスパルス)

■MF

藤谷壮(ヴィッセル神戸)
初瀬亮(ガンバ大阪)
森島司(サンフレッチェ広島)
坂井大将(アルビレックス新潟)
三好康児(北海道コンサドーレ札幌)
遠藤渓太(横浜F・マリノス)
松本泰志(サンフレッチェ広島)
伊藤達哉(ハンブルガーSV/ドイツ)
針谷岳晃(ジュビロ磐田)
市丸瑞希(ガンバ大阪)
菅大輝(北海道コンサドーレ札幌)
三笘薫(筑波大学)

■FW
上田綺世(法政大学)
前田大然(松本山雅FC)