ハリルホジッチ、北朝鮮に辛勝で「運も味方した」…井手口の劇的ミドルに「美しいゴール」

日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、EAFF E-1サッカー選手権の朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表戦後、フラッシュインタビューに応じた。

日本はシュート数で相手を下回りながら、アディショナルタイムに井手口陽介のミドルシュートで1-0と勝利。辛くも初戦を白星で飾った。ハリルホジッチ監督は第一声から運にも恵まれたことを認める。

「少し運も味方しましたが勝利しました。相手チームはしっかり守ってカウンターを仕掛けるという戦術を徹底しました。我々はゴールを奪ったあとのプレースピードが少し足りなかったかなと思います。相手が引いて、低いところでコンパクトなブロックを形成していました。でも最後まで諦めずに戦い続けた選手たちを称えたいと思います。そして美しいゴールで勝利が決まりました」

また、井手口の得点については「美しいゴールでした。そこまでしっかり形も作って、最終的にゴールになったという流れでした。タイミングも良かったですね」と称賛の言葉を贈っている。