2018ロシアW杯サッカースイス代表注目選手一覧

ロシアW杯2018!

ということで、今回はサッカースイス代表2018について取り上げていきます

4大会連続11回目のワールドカップ出場となるスイス代表のFIFAランキングは6位!

1934年、1938年、1954年大会ワールドカップにおいて最高成績となるベスト8進出を果たしている古豪です。

ヨーロッパ予選では9勝0分け1敗でポルトガルに次ぐ2位となり北アイルランドとのプレーオフを制してワールドカップ出場を果たしています。

ロシアワールドカップ2018ではグループEでブラジル、コスタリカ、セルビアと同組となったスイス代表のフォーメーション予想と注目選手について紹介していきますので最後までご覧ください!

【ロシアW杯2018】サッカースイス代表の戦術や特徴は?

それでは、サッカースイス代表の戦術や特徴を解説していきます。

セルビア出身のペトコビッチ監督は就任4年目ですが選手としても指導者としても大半のキャリアをスイスで過ごしておりスイスのことを知り尽くしている監督です。

戦術的にはゾーンディフェンスとサイド攻撃を軸としたカウンター型のサッカーを展開します。

ドイツワールドカップでは無失点でグループステージを敗退したこともあるように守備に関しては伝統的に強いチームですが、攻撃に関して問題を抱えていますね。

2010年南アフリカワールドカップでは優勝したスペイン代表に堅実な守備からカウンターでジャイアントキリングを起こしていますのでロシアワールドカップでも優勝候補のブラジルとの対戦は注目ですね

実力的にはグループステージは2位通過が濃厚なのかなと思いますがブラジル代表はワールドカップではスロースターターなので1位通過の可能性があるチームといえるでしょう。

【ロシアW杯2018】サッカースイス代表の注目選手

それでは、スイス代表の注目選手を紹介していきます!

最後に

それでは、サッカースイス代表の戦術や特徴を解説していきます。

セルビア出身のペトコビッチ監督は就任4年目ですが選手としても指導者としても大半のキャリアをスイスで過ごしておりスイスのことを知り尽くしている監督です。

戦術的にはゾーンディフェンスとサイド攻撃を軸としたカウンター型のサッカーを展開します。

ドイツワールドカップでは無失点でグループステージを敗退したこともあるように守備に関しては伝統的に強いチームですが、攻撃に関して問題を抱えていますね。

2010年南アフリカワールドカップでは優勝したスペイン代表に堅実な守備からカウンターでジャイアントキリングを起こしていますのでロシアワールドカップでも優勝候補のブラジルとの対戦は注目ですね

実力的にはグループステージは2位通過が濃厚なのかなと思いますがブラジル代表はワールドカップではスロースターターなので1位通過の可能性があるチームといえるでしょう。

サッカーユニフォームをお求める方は

騎士サッカーオンラインショップへどうぞ!

2018ロシアワールドカップに欠席した最強メンバー陣容

目次

  • 1 GK:ジャンルイジ・ブッフォン(イタリア)
  • 2 DF:アントニオ・バレンシア(エクアドル
  • 3 DF:フィルジル・ファン・ダイク(オランダ)
  • 4 DF:レオナルド・ボヌッチ(イタリア)
  • 5 DF:ジョルジョ・キエッリーニ(イタリア)
  • 6 DF:ダヴィド・アラバ(オーストリア)
  • 7 MF:アルトゥーロ・ビダル(チリ)
  • 8 MF:マルコ・ヴェラッティ(イタリア)
  • 9 MF:ガレス・ベイル(ウェールズ)
  • 10 FW:アレクシス・サンチェス(チリ)
  • 11 FW:ピエール=エメリク・オーバメヤン(ガボン)

今までのサッカーロシアワールドカップ2018予選試合がもう終わりました。オーストラリア、ホンジュラス、ペルー、ニュージーランドの勝負が決定したうえで、2018年ワールドカップ32参加国が決定しました。多くの伝統的な強豪チームとサッカースターは予選試合の失敗のため、来年のワールドカップ決勝を欠場することとなりました。例えば、欧米のイタリア、オランダ、アフリカのコートジボワール、南米のチリなどです。

ジャンルイジ・ブッフォン(イタリア)

サッカーファンの皆さんに後悔を補うため、この記事では、2018年ロシアワールドカップに欠場する11人のスター選手を選び、「ワールドカップを欠場する最強陣容」を作り出しました。

GK:ジャンルイジ・ブッフォン(イタリア)

ジャンルイジ・ブッフォン(イタリア)

言うまでもない地位、ブッフォンは19年間イタリアのゴールエリアを警戒しており、ゴールキーパーにとって教科書のような存在です。だから、注目さ、実力、感情的にから見ると、ブッフォンは最も残念な選手の欠如です。彼はイタリア代表のため175回出場し、2006年にワールドカップでの優勝を勝ち取りました。

だが、今回はスウェーデンに敗れました。試合後、ブッフォンは、イタリア代表から引退することを発表しました。

DF:アントニオ・バレンシア(エクアドル)

アントニオ・バレンシア(エクアドル)

エクアドル代表はバレンシアなどのスター選手が所持することにも関わらず、ワールドカップ予選で実力が足りない、南米での強豪チーム予選での成績は6勝2分10敗、南米で8位に。マンチェスター・ユナイテッドでバレンシアは不可欠な選手となっており、後方から走りこむスピードとドリブル、パワフルなクロスボール、右サイドを制圧できる運動量などが特徴的です。

DF:フィルジル・ファン・ダイク(オランダ)

フィルジル・ファン・ダイク(オランダ)

数年前、ファン・ダイクがそんなに注目されていませんが、昨シーズのサウサンプトンFCで優勝の成績が取れたため、今夏の移籍市場では、彼リバプールをはじめ、多くのクラブからの関心を集めていました。個人の体力であろう、能力であろう、彼が現在のプレミアリーグで最も優れたDFの1人です。残念ながらオランダ代表は2018ロシアワールドカップ予選に落ちていました。オレンジ軍団は次々に挫折し、最終的にはグループステージの得失点差が排除されました。

DF:レオナルド・ボヌッチ(イタリア)

レオナルド・ボヌッチ(イタリア)

30歳のボヌッチは彼のキャリアの頂点にあり、7年間にユベントスとともに、UEFAチャンピオンズリーグの優勝に2回挑戦した後、今夏、歴史的なセリエA強豪クラブACミランに加入しました。彼はクラブで多くの名誉を獲得したにもかかわらず、イタリア代表になんの勝利も獲得しない、今回もスウェーデンと対戦に敗れていることも後悔しています。

DF:ジョルジョ・キエッリーニ(イタリア)

ジョルジョ・キエッリーニ(イタリア)

2006年ワールドカップ優勝したイタリア代表の1人選手として、ジョルジョ・キエッリーニが長年にわたって尊敬されたDFです。ブッフォンのように、年齢のために、彼は次の国際大会でイタリア代表とともに戦う機会がなかった。スウェーデンに敗れた後、2006年ワールドカップ優勝したわずかのメンバーがイタリア代表から引退することを発表しました。

DF:ダヴィド・アラバ(オーストリア)

ダヴィド・アラバ(オーストリア)

オーストリア代表は欧州の強豪チームでは見られませんが、ダヴィド・アラバ選手は世界級のDFです。今のサッカー界で、このポジションで彼を越える人がすくない。今まで、アラバは6回目のオーストリアFIFA最優秀選手賞の称号を獲得しており、バイエルンクラブでも多くの名誉を与えています。しかし、多くの小国からのスター選手と同じ、競争の激しい欧州予選区でオーストリアを代表してワールドカップに進出することができません。オーストリア代表は最終グループステージ4位に排除されました。

MF:アルトゥーロ・ビダル(チリ)

アルトゥーロ・ビダル(チリ)

チリ代表はおそらく今回のワールドカップ南米予選区で最も驚くべきチームです。チーム全体の実力が強く、アレクシス・サンチェス、アルトゥーロ・ビダルなどのサッカー選手もいます。2年連続コパ・アメリカの優勝を達成しました。しかし、それほど強いチームが、2018ワールドカップ予選で次々に失敗して、最終、2得失点差がベルーから5位に落とされました。2018ロシアW杯に逃していました。

MF:マルコ・ヴェラッティ(イタリア)

マルコ・ヴェラッティ(イタリア)

アンドレア・ピルロがイタリア代表から引退した後、ヴェラッティは常にイタリア代表で最も希望なMFです。もし、彼がいないとイタリア代表は全く別のチームみたいです。スウェーデンとのプレーオフの第1戦では、ベラッティは前半にイエローカードを警告しており、イエローカードが5枚溜まっているため、第2戦でのプレーを中断しました。彼の欠場でイタリア代表のミッドフィールダーが頼る人もないの場面となり、最終的にはスウェーデンに勝ち取りました。

MF:ガレス・ベイル(ウェールズ)

ガレス・ベイル(ウェールズ)

ベイルは才能があるスーパーサッカー選手ですが、天才にもトラブルを抱えています。それは間違いなく数年にわたる彼の怪我です。去年ベイルはウェールズを代表して準決勝に導きました。今回のロシアワールドカップ予選で、怪我のために、アイルランドによる生死の戦いで敗退されました。

FW:アレクシス・サンチェス(チリ)

アレクシス・サンチェス(チリ)

今年はおそらくサンチェスのキャリアで最も憂鬱な一年であり、近年非常に熱い状態で、昨シーズンにキャリアの頂点に達成することとなり、プレミアリーグで24得点と10回のアシスタント。しかし、アーセナル全体の表現がよくない、シーズン後プレミアリーグランキング5位、20年ブリに初めてUEFAチャンピオンズリーグを逃していました。同時に、チリ代表の戦いも順調ではなかった、最終的には南米のトップ5にも失っていました。

FW:ピエール=エメリク・オーバメヤン(ガボン)

ピエール=エメリク・オーバメヤン(ガボン)

近年、オーバメヤンの状態がより良くなって、ブンデスリーガでは、彼は王者のような存在です。昨シーズンは、スーパーシューターロベルト・レヴァンドフスキを超えて、ブンデスリーガのストライカーのタイトルを獲得しました。今シーズンは、ブンデスリーガ11試合で10得点を挙げており、現在スコアラーリストで2位にランクされています。2018ロシアワールドカップ予選でガボン代表はモロッコとコートジボワールと同グループに所属していますが、6試合で一つの勝利を収めました。ワールドカップロシア2018に排除されました。

sports-instyleは業界最大サッカーユニフォームの専門店で、2018ロシアW杯日本代表選手、歴代日本代表 ユニフォーム情報をまとめ!毎日、話題の最新ユニフォーム登場・新作即続入荷中。